税理士法人 中尾総合事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
中国税理士会所属

税理士紹介

会長紹介

代表社員会長紹介

平成25年3月25日より中尾修治郎税理士事務所を開業し、平成25年12月9日より新天地にて税理士法人中尾総合事務所を設立いたしました。

移転の折、皆様方の温かいご厚情とご配慮を賜り、本当に感謝の念が絶えません。
税理士法人設立を機に、社員・職員一同、心機一転、さらに関与先様の発展に向け邁進する所存でございます。

微力ではございますが全力を尽くして参ります。
引き続きご支援ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

会長 経歴・役歴

経歴

昭和29年 鳥取市に生まれる
昭和55年 中央大学商学部会計学科 卒業
昭和59年 中尾直昭税理士事務所 入所
昭和61年 税理士登録
平成25年 中尾修治郎税理士事務所 開業
平成25年 税理士法人中尾総合事務所 設立
平成30年 会長 就任

役歴

中国税理士会 鳥取支部 支部長
中国税理士会協同組合 総代
鳥取青色申告会 理事
鳥取法人会 理事
TKC中国会 理事
TKC全国会 役員

所長紹介

代表社員所長紹介

ホームページをご覧頂きありがとうございます。

最近、税理士業務はAIの登場・フィンテックの進化・安価なクラウド型会計システムの台頭などにより、変革期にあると言われています。

また、経済環境や毎年の税制改正に目を向けると、お客様である中小企業を取り巻く状況は常に変化しています。現状に対応するため、自らアンテナを張り、勉強し、常にチャレンジしようとする経営者の皆様には頭が下がるばかりです。

このような現状で、お客様にとって一番身近な存在であるべき私ども税理士は、単なる記帳代行・税務申告のみならず、時代の変化に対応するための情報発信を担うことを求められていると思います。

私は単なる記帳代行・税務申告以外にも、各種コンサルティングや経営全般に関する情報提供などを通じ、『お客様のニーズを120%満たすこと』を最大の目標としています。当然、この目標は並大抵の努力では到達することができませんが、常に先駆者であり続けるための努力は惜しみません。

お客様へのサポートを通じ、微力ながらふるさと鳥取の地域社会へ貢献できればこれ以上幸福なことはございません。

今後ともご愛顧頂ければ幸甚です。        

所長 経歴・実績

経歴

昭和60年 鳥取市に生まれる
平成20年 関西大学経済学部 卒業
平成22年 税理士法人プライスウォーターハウスクーパース
      (現:PwC税理士法人) 入所
平成24年 税理士登録
平成25年 税理士法人中尾総合事務所 設立
平成30年 所長 就任

受賞歴・役歴

受賞歴
第40回 日税研究賞 税理士の部 入選

役歴
中国税理士会税務研究所 研究員
租税訴訟学会 会員

論文・著書・メディア

「仮想通貨を知る」(連載中)
 株式会社ぎょうせい編『月刊税理』61巻(2018)4号~

「法人税法22条4項の解釈‐2つの資産流動化取引事件を素材として‐」
 中国税理士会税務研究所編『研究論文集』Vol.1(2018)128頁

「平均功績倍率の合理性 ‐平成29年10月13日判決を素材として‐」
 株式会社ぎょうせい編『月刊税理』61巻(2018)6号129頁

産経新聞全国版 2018年3月8日 税制改正に関するインタビュー

「一般社団法人を利用した租税回避スキームに関する試論」
 公益財団法人日本税務研究センター編『第40回日税研究賞入選論文集』(2017)81頁
 要約版:公益財団法人日本税務研究センター編『税研』(2018)198号108頁

「持分の定めのない医療法人への移行に伴うみなし贈与税課税について」
 株式会社ぎょうせい編『月刊税理』60巻(2017)15号142頁


取材や執筆のご依頼を積極的にお受けしております。

税務や財務、経営に関することならオールジャンル対応可能です。

お問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。



お問い合せはTEL:0857-30-7377
税理士法人 中尾総合事務所 〒680-0911鳥取県鳥取市千代水1丁目151
メールでのお問合せはこちら
地図はこちら

主な顧問契約対象地域:鳥取県全域・兵庫県但馬・島根県松江市・岡山県倉敷市